海外電力関連 トピックス情報

[米国] ドミニオン社の洋上風力事業が想定以上のコスト高で凍結

2015年5月25日

2015年4月23日付の報道によると、ドミニオン社(本社:バージニア州)の洋上風力実証事業が想定以上のコスト高により凍結された。

当初2億3,000万ドルと見積もっていた事業費が、3億7,500万~4億ドル程度に増加することが判明した。

同社はタスクチームを立ち上げ、コストダウン方策を検討するという。

運開時期は1年遅れ、2018年になる見込みである。

実証事業は、バージニア州バージニアビーチ沖合約44kmに出力1万2,000kW(6,000kW×2基)の着床式洋上風力を設置する計画である。

エネルギー省(DOE)の洋上風力開発支援プロジェクト(4年間で最大4,700万ドル/件を援助)の一つであり、2017年までの運開条件のため、今後DOEとの交渉が発生する可能性がある。

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ