海外電力関連 トピックス情報

[欧州] IEA、2020 年までに欧州のLNG輸入量が2 倍になると報告

2015年6月23日

国際エネルギー機関(IEA)は2015 年6 月4 日、2020 年までのガス市場に関する中期見通しに関する報告書を発表した。

原油価格の低下とオランダのガス生産の自主キャップ(※地震の影響懸念による生産量減少)によって2020 年の欧州全体のガス生産量は2010 年に比べて25%以下になる。

この結果、今後5 年間の欧州のLNG輸入量は2 倍になると見込まれている。

EU 全体のガス消費量は2009年より年々減少傾向にあるが、2015 年からは徐々に増加して需要も増え、2020 年のガス需要は5,000億立方メートルになると想定されている。

※.オランダ北部のガス田周辺では、大規模なガス採取により地下のガス滞留地層に巨大な空洞が生じ、それによる地盤沈下や変動等に伴う地震が頻発している。

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ