海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ] 最新の洋上風力 ノルトゼー・オスト発電所でブレード破損事故

2015年7月13日

2015 年6 月29 日付エネルギー専門誌によると、2015 年5 月に試験運開したRWE Innogy が運営する最新鋭の洋上風力発電所の1 基の発電機でブレード破損事故があり、同発電所は出力を半分に落として運転を続けている。

ノルトゼー・オストはドイツ最大級の洋上風力発電所で総発電出力29.5 万kW、北海沖合35km、水深25mの海域に24km2にわたり48 基の発電機が建てられている。

1 基当たりの出力は、世界最大級の6,000kWで、発電機は海上100mに位置し、ブレード(風車の羽根部分)の長さは60mに達する。RWE Innogy は今後原因究明を行う。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ