海外電力関連 トピックス情報

[EU・ウクライナ] 欧州委員会、ウクライナ経由のガス輸送の継続を支持

2015年7月15日

2015 年6 月24 日付専門誌によると、ウクライナ経由のガスパイプラインを2019 年で終了するというロシアの決定に対して、欧州委員会は将来にわたってウクライナがEU へのガスパイプラインの経由地点であるべきであるという姿勢を明らかにした。欧州委員会 エネルギー総局の供給安全保障担当者であるStefan Moser 氏は、2019 年にウクライナ経由のガスパイプラインを閉鎖するロシアのガスプロム社の決定によって、ウクライナが孤立するような事態は避けなければならないと発言した。

また。同氏は南東欧で計画されているTurkish Stream計画、およびバルト海を経由するドイツへのガスパイプラインNord Streamを増強する計画は正式にEU と協議されていないとしている。ウクライナはガスプロム社の決定により欧州へのガスパイプラインの通過国としての地位を失うことで経済的損失が大きくなる可能性から、欧州委員会への支援を求めている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ