海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ] 世界最大の風力発電利用水素製造プラントが運開

2015年7月24日

2015 年7 月2 日付ドイツ紙の報道によると、マインツで風力エネルギーを利用した大規模水素製造プラントが運開した。

運営者のマインツ市営電力によると、再生可能エネルギーを利用したプラントとしては世界最大規模。

同プラントは近隣の風力発電設備から6,000kW まで電力供給を受けることができ、同電力により水を電気分解する。

再エネの出力変動を吸収し、余剰電力を有効利用する一種の蓄電池としての役割が期待されている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ