海外電力関連 トピックス情報

[スペイン] 風力が急増するも原子力が2014 年発電電力量に占める割合で最大に

2015年8月3日

2015 年7 月7 日付報道によると、スペインにおける2014 年の総発電電力量2,669 億kWh の内、

原子力が21.5%(574 億kWh)と最大となり、次いで風力が19.1%(510 億kWh)を占めた。

同国では、固定価格買取制度によって風力の導入量が急増し、その一方でガローニャ原子力発電所を2013 年に運転停止したため、2013 年の発電電力量は風力が対前年比12.8%増の547 億kWh に達し、対前年比7.6%減の原子力(568 億kWh)に迫る勢いであった。

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ