海外電力関連 トピックス情報

[米] 原子力産業が米国経済に年間600 億ドルの影響

2015年8月3日

The Brattle Groupは、2015 年7 月7 日、米国の原子力発電所は米国のGDP に年間600 億ドルの貢献をしているという研究結果を発表した。

また、原子力産業は47 万5,000 人のフルタイムの雇用を支えていること、原子力発電が5 億7,300 万t のCO2排出を抑制し、連邦政府の社会的費用から換算して250 億ドルの効果があること、原子力発電がなければ小売電気料金は平均で6%上昇すること、原子力産業から年間で連邦に100 億ドル、各州に合計22 億ドルの税収があること、年間65万t のNOX、100 万t 以上のSO2削減効果があり、これは米国科学アカデミーの見積で84 億ドルの価値となることなども明らかにしている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ