海外電力関連 トピックス情報

[欧州]欧州委員会、EU排出量取引指令の修正法案発表

2015年8月7日

欧州委員会は2015年7月15日、EU排出量取引(EU-ETS)指令の修正法案を発表した。

これは、2030年におけるEUの温室効果ガス排出削減目標(対1990年比で40%以上削減)を達成する上で必要な、EU-ETSの2021年以降(EU-ETS第4期)における新たな制度を規定したものである。

法案では、第4期において、EU大の排出枠上限を毎年2.2%ずつ削減すること(現行の第3期における削減率は1.74%/年)、カーボンリーケージ(工場などが環境規制の緩いEU域外国へ移転してしまうこと)のリスクの特に高い産業部門に対し、引き続き、最大100%までの排出枠の無償割当を継続することなどが提案されている。

発電部門に対しては、原則的に排出枠はオークションによる有償割当が適用されるが、一部の加盟国(一人当たりGDPがEU平均の60%を下回る加盟国、中東欧10カ国が該当)には、移行措置として、発電部門への排出枠の無償割当が認められる。

法案は今後、欧州議会、欧州閣僚理事会などにおける審議に付せられる。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ