海外電力関連 トピックス情報

[世界] IEA、2013 年は世界で石炭火力発電が増加、水力を含む再生可能エネルギーが第二位に

2015年9月2日

国際エネルギー機関(IEA)が2015年8月6日に発表した2013年の暫定データによると、非OECD加盟国を中心に石炭火力発電電力量が増加し、全世界で石炭火力発電電力量が9兆6,130億kWhに達し、総発電電力量の41.1%を占めた。

同年の水力を含む再生可能エネルギーによる発電電力量は5兆1,300 億kWhで、天然ガス火力発電電力量を抜き、総発電電力量の22%を占め、電源別では石炭火力発電電力量に次いで第二位となった。

水力を除く再生可能エネルギーによる発電電力量は石油火力発電量を初めて抜いて1 兆2,560億kWh に達し、総発電電力量の5.4%を占めた。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ