海外電力関連 トピックス情報

[米国] NEI、EPA の「クリーンパワープラン」への原子力発電の寄与を強調

2015年9月18日

2015 年9月3日、原子力エネルギー協会(NEI)は、環境保護局(EPA)のクリーンパワープラン(CPP)に原子力が不可欠な5 つの理由と題する記事を掲載した。5 つの理由の概要は次の通り。


(1)原子力発電は、米国の全電力の20%を発電し、カーボンフリー電源の63%を占めている。

(2)原子力発電は、毎年5 億t 以上のCO2を削減しており、原子力なしでは電力セクターからのCO2排出は27%増加し、CPP は崩壊する。

(3)歪んだマーケットや政策の欠陥による、原子力発電所の運転ライセンス期限前の早期閉鎖はCPP の目標達成を困難にする。

(4)原子力発電は最も信頼性のある電源で、燃料交換による停止を除いて常に運転しており、価格の安定と信頼をもたらしている。

(5)再生可能エネルギーの役割は重要となっているが、単独では常時の電源になりえないし、原子力に比べ、風力は360 倍、太陽光は75 倍の土地を必要とする。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ