海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ] ヘッセン州行政裁判所、風車から住宅地への最低距離1kmを適切と判断

2015年10月16日

2015 年9 月23 日付ドイツ紙によると、中部ヘッセン州において風車から周辺住宅地への最低距離1km を合法とする判決が出された。
同距離は州の開発計画に規定されていたが、風力プロジェクト開発会社のOktoberwind はこれに対して異議を唱えていた。
同社は、騒音遮断の観点からは最低距離500~600m で十分であると主張していた。
しかしながら、ヘッセン州行政裁判所は、風車があることにより起こる光の反射の影響も考慮しなければならないとし、同社の訴えを退けた。

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ