海外電力関連 トピックス情報

[米国] NRC、ワッツバー2 号機の運転ライセンス発行予定に言及

2015年11月6日

2015年10月15日付の報道によると、米国原子力規制委員会(NRC)は、テネシー峡谷開発公社(TVA)のワッツバー原子力発電所2号機(PWR:120万kW、テネシー州)の運転ライセンス発行に係る一連の作業を完了し、数週間以内に運転ライセンスを発行するかどうか決定すると述べた。
運転ライセンスが発行されれば、1996年2月のワッツバー1号機以来初めての米国でのライセンス発行となる。
当発電所は1972年に建設が開始されたが、電力需要の低迷などにより1985年に一時中断。
その後2007年に再開された。
建設費は推定42億ドルとなっている。
TVAは、2015年内の営業運転開始を目指している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ