海外電力関連 トピックス情報

[米国] ピルグリム原子力発電所の閉鎖発表に対する近隣の反応

2015年11月6日

2015年10月14日付地元紙によれば、10月13日に発表されたピルグリム原子力発電所の閉鎖に関して、ニューハンプシャー州では以下のように報じられている。
「ピルグリム原子力発電所の閉鎖は、ニューハンプシャー州の電気の使用者により高い電力料金を求めることになるかもしれないし、論争となっているノーザン・パス水力発電プロジェクト(カナダ、ハイドロ・ケベック社の水力発電所とニューハンプシャー州および、その他ニューイングランド諸州を結ぶ300kmに及ぶ直流送電線プロジェクト)への取組強化を必要とさせるかもしれない」。
Eversource(Northeast Utilitiesから改称)社は「ニューハンプシャー州は他のニューイングランドの諸州と同じように、ピルグリム原子力発電所の早期閉鎖の影響を受けることになる」とコメントし、地域の系統システムおよび卸電力市場を運営するISOニューイングランドは、同発電所などの廃止は「燃料セキュリティ面で地域に更なるストレスを与え、ニューイングランド地方の最も寒い期間の系統信頼度維持に向けてさらに系統運用上の努力が必要となる」と発言している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ