海外電力関連 トピックス情報

[米国] マサチューセッツ州知事、ピルグリム原子力発電所の閉鎖は、CPP の目標達成を困難にすると懸念表明

2015年11月16日

2015 年10 月19 日付報道によると、マサチューセッツ州のCharlie Baker 知事は、ピルグリム原子力発電所の閉鎖は、環境保護局(EPA)のクリーンパワープラン(CPP:既設火力発電所のCO2排出規制規則)の目標達成を困難にするとの考えを示した。
同知事は「ピルグリムの閉鎖は、カーボンフリー電源の大幅な損失であり、CO2削減目標達成に向けた州の進捗を妨げる」と述べている。
また、地域の系統運用者であるISOニューイングランドも、ピルグリム原子力発電所の閉鎖は、暖房需要が高まる冬季の需給逼迫を招き、電力価格を押し上げる可能性があると警告している。
※.10 月13 日、ピルグリム原子力発電所を所有するエンタジー社は、2019 年6 月までに同発電所を閉鎖することを発表した。
<参考>
[米国]ピルグリム原子力発電所の閉鎖発表に対する近隣の反応
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1253524_4115.html

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ