海外電力関連 トピックス情報

[フランス] EDF、国内原子炉建替え計画を公表

2015年11月19日

2015年10月23日付報道によると、フランス大手エネルギー会社EDFの最高経営責任者レビ会長は同日、2030年に向けての発電事業の戦略プランを公表した。
2030年までには、欧州における水力を含む再生可能エネルギーによる発電容量を現在の2倍の5,000万kW超に引き上げるとの目標を設定する一方で、原子力発電については、6,300万kWという現状の水準を維持する方針を盛り込んだ。
設備容量を削減しなくとも、電気自動車や他の用途によって需要が増加するため、2025年に原子力発電比率を現在の75%から50%に下げる目標は達成可能とされる。
レビ会長は、国内の58基の原子炉について、そのほとんどの稼動年数を50年、さらには60年へと引き上げることが可能との見解を示しつつ、2030年から2050年にかけては、老朽化した原子炉のリプレースを進めると説明した。
具体的には、EPR(第3世代加圧水型原子炉)の改良型(EPR NM)を2基ずつ建設していき、2050~2055年には、現行の原子炉の閉鎖を完了し、EPR NMが35~40基程度という構成になると説明した。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ