海外電力関連 トピックス情報

[米] 再生可能エネルギー、西部地域へ集中

2015年11月19日

2015 年11 月6 日付の業界誌によると、米国の再生可能エネルギー発電容量の50%が西部の13 州に集中しており、太陽光発電においては70%が、地熱発電については100%が、この地域に設置されている、と米国再生可能エネルギー協議会が報告した。
報告によると、西部の再生可能エネルギー分野へは多くのベンチャーキャピタルが参入しており、西部地域での再生可能エネルギーの発電電力量比率は約3 分の1 へ拡大し、米国全土の比率(13%)を大きく上回っている。
また、カリフォルニア州は2014 年に他のどの州よりも多くの投資を集め、その額は52 億ドルに上っている。
これは、再生可能エネルギー利用促進のための州政府プログラムや市および民間公益企業による助成措置が多数あることに起因するとしている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ