海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ] 2014年の再エネ出力抑制費用は前年より89%増加

2015年12月22日

 ドイツ連邦系統規制庁とドイツ連邦カルテル庁は2015年11月24日、2014年の電力・ガス市場の動向をまとめた「モニタリング・レポート2015」を発表した。
発表に際して連邦系統規制庁のホーマン長官は、送電線整備の遅延により2014年は送電系統運用者が系統安定化措置を取る回数が増加したことを明らかにした。
同レポートによると、2014年には従来型電源の再給電(混雑区間の両端で電源の焚き増し・抑制を行い、過負荷を解消する措置)が365日中330日とほぼ毎日行われ、1億8,760万ユーロ(約244億円)を要した。
また、再エネの出力抑制量は2013年の5億5,500kWhから15億8,100万kWhに増加した。
これに要した費用は前年比89%増加の8,300万ユーロ(約108億円)であった。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ