海外電力関連 トピックス情報

[中国] 石油対外依存度、2020 年に67%に

2015年12月25日

2015 年11 月19 日、上海市で開かれた「第四回中国国際石油貿易大会」の席上、中国商務省の関係者から、中国のエネルギー情勢と「第十三次5 カ年計画期間の事業方針」等について発言があった。
概要は次のとおり。
中国国内の都市化と地域経済の発展により、石油と天然ガスの国内需要の増加し、輸入量も増加すると見込まれる。
2020 年までに、石油と天然ガスの国内需要は6 億t、そのうち輸入量は4 億t(輸入額10 兆元:約200 兆円)となり、対外依存度は67%(2013 年58%)になる。
より多くの原油加工企業に輸入権を与えるため、石油・天然ガス事業の体制改革を推進し、高効率で公平な市場を構築する。
また、エネルギー資源国との提携を深め、海外での石油と天然ガス資源の開発とインフラ建設に積極的に取り組む。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ