海外電力関連 トピックス情報

[米国] 米原子力規制委員会、デービスベッセ原子力発電所の運転認可を更新

2015年12月28日

2015 年12 月8 日、米国原子力規制委員会(NRC)は、デービスベッセ原子力発電所の運転認可を更新した。
これにより、同発電所の認可は20 年延長され、2037 年までの運転が可能となった。
同発電所を所有するファーストエナジー社は、継続的に安全と信頼を確保するため、原子炉容器上蓋や蒸気発生器の交換など、これまでに約10 億ドルを投資したとしている。
米国の原子力発電所では、40 年の運転認可期間をさらに20 年延長する認可の更新が盛んに行われている。
これまでに、現在廃炉となった2基を含む、81 基の認可が更新され、そのうち37 基は既に40 年を超えて運転している。
また、現在13 基が認可更新の審査中となっている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ