海外電力関連 トピックス情報

[フィリピン・タイ・日本・韓国]初の超臨界圧石炭火力発電所、工事着工

2016年1月26日

 フィリピンで発電事業を行うSan Buenaventure Power Co.(フィリピンのMeralco Power Gen. Co.とタイのElectricity Generating Co.の合弁会社)は2015年12月15日、ルソン島中部のケソン州Maubanでフィリピン初となる超臨界圧石炭火力発電所(50万kW)の工事を着工したと発表した。
工事は、三菱・日立パワーシステムズ㈱と韓国の大林産業のコンソーシアムが請け負っている。
運開予定時期は2019年6月。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ