海外電力関連 トピックス情報

[米国] Deep Isolation社、ボーリング孔への高レベル放射性廃棄物貯蔵を公開

2019年2月18日

カリフォルニア州のDeep Isolation社は2019年1月16日、使用済燃料や高レベル放射性廃棄物を深度約600mのボーリング孔に貯蔵するコンセプトのデモンストレーションを公開した。
同社の貯蔵コンセプトは、広大な地下貯蔵エリアに多数の大型キャニスターを貯蔵するタイプのユッカマウンテン計画とは異なり、直径約46cmのボーリング孔を約600m程度の深さまで掘り、安定な岩盤層で徐々に水平方向に掘削方向を変え長さ約2,500m程度の水平方向や上向きの貯蔵孔を造り、その貯蔵孔に使用済燃料(BWR:直径約20cm、PWR:直径約30cm)や高レベル放射性廃棄物を入れた耐食性の細型キャニスター(長さ約430cm)を順に貯蔵していくというものである。
デモ当日は、模擬細型キャニスターを深度約600mの貯蔵孔に置いた後、数時間後に地上へ回収する作業が公開された。
同社は本貯蔵コンセプトのメリットは、地下水のある層よりもはるかに深い数百万年単位で安定な岩盤層に、各地層を大きく破壊することなく貯蔵孔を造ることができることであるとしている。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

ページトップへ