海外電力関連 トピックス情報

[ベルギー] 内務大臣、2025年までの脱原子力は非現実的と発言

2019年3月5日

ベルギーのPieterDeCrem内務大臣は、2019年2月10日のテレビ番組に出演し、同国が2025年までに完全に原子力をやめることは現実的でないと述べた。
また「(電力)需要が増加しているため、(脱原子力について)何らかの例外措置や延期が必要となるだろう。もし原子力発電所を(予定通り)閉鎖できれば、私は『すごい!』というだろう。すべてのことをオープンに話し合うべき」と自らの考えを述べた。
同大臣が属するCD&V党は、2025年までに同国の原子力利用の廃止を望んでおり、W.Beke党委員長は先週、再びそのことに言及した。
ベルギーは2025年までに原子力利用を完全に停止することを2003年の法律に盛り込み、2015年に再確認している。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

<参考>ベルギーで複数の原子炉停止を契機とする冬季電力需給ひっ迫の恐れ(2018年10月22日)

 

ページトップへ