海外電力関連 トピックス情報

[ベルギー] 規制当局、国内原子炉の運転延長を想定し追加要件の検討を開始

2019年3月29日

2019年2月20日付の現地報道誌によると、ベルギー連邦原子力検査庁(AFCN)は、2025年までの閉鎖が決定している国内7基の原子炉の運転延長を想定し、追加要件の検討を行っている。
AFCNは、「我々は、法律に記載された『2025年までの脱原子力』という決定を尊重しているが、想定されるあらゆるシナリオに備える必要があるため、運転延長に必要な追加要件の検討を進めている」とコメントした。
一方、事業者のElectrabel(仏Engie子会社)は、「運転延長の決定が2年以内になされれば、一部の原子炉を2025年以降も運転することは技術的に可能」としており、脱原子力に備える一方で、運転開始が最も遅い2基に対して運転延長の準備作業を行っていると報じられている。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

<参考>[ベルギー]内務大臣、2025年までの脱原子力は非現実的と発言(2019年3月5日)

 

ページトップへ