海外電力関連 トピックス情報

[フランス] 放射性廃棄物管理国家計画に関する公開討論を開催へ

2019年4月8日

フランスの公開討論国家委員会(CNDP)は2019年3月4日、放射性物質・廃棄物管理国家計画(PNGMDR)に関する公開討論会が2019年4月17日~9月25日まで開催されると発表した。
PNGMDRは2006年の放射性廃棄物等管理計画法により、政府が3年ごとに策定・改定することが義務付けられており、2020年に予定されている次回の改訂は第5版となる。
フランス政府は、地層処分プロジェクトに関する透明性を強化すべく公開討論会の実施を決めており、今回の討論会では、地層処分プロジェクトに限らず放射性廃棄物に関する広範な問題がテーマとなる。
また、2019年3月6日、高レベル廃棄物地層処分場プロジェクトにおいて、ムーズ県とオートマルヌ県の地域開発契約(CDT)が承認された。
同契約では、同地域における地域開発を目的とし政府が資金の提供を行う。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

<参考>[フランス]Cigeoプロジェクト・第2回高レベル委員会が開催(2018年10月22日)

 

ページトップへ