海外電力関連 トピックス情報

[米国] エクセル・エナジー社、原子力は2050年の脱炭素化の鍵と発表

2019年4月9日

米国中部ミネソタ州と南部のテキサス州を中心とした8州に電気・ガスを供給するエクセル・エナジー社は2019年3月5日、「炭素報告書」を公表した。
原子力を含めた非炭素電源により、2005年の炭素排出量から、2030年までに80%、さらに2050年までに100%を低減し、脱炭素を目指すとした。
同社は2発電所で3基の原子炉を運転しており、2030年目標の達成には現在の原子力発電所の運転延長が重要で、2050年目標の達成には、24時間利用可能な非炭素電源が必要と述べている。
このためエネルギー貯蔵、先進型原子炉やSMR、炭素回収、地熱発電等の技術のさらなる開発が望まれるとしている。
エクセル・エナジー社は3月には2020~2034年の統合資源計画(Integrated Resource Plan,IRP)を公表予定であり、この中で、現有プラントや、新電源の可能性等を評価する予定である。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

ページトップへ