海外電力関連 トピックス情報

[アルゼンチン] 国内4基目の建設に向け、中国との協議が再開

2019年4月24日

エネルギー情報サイトは2019年3月23日、アルゼンチン国内で4基目となるアトーチャ原子力発電所3号機(80万kW)の建設計画について、中国・核工業集団公司(CNNC)とエネルギー鉱業省(MINEM)の間で、2018年5月から棚上げになっていた協議が再開されたことを報じた。
懸案となっている同号機は約60億ドル(約6,600億円)をかけ、首都ブエノスアイレスから100km離れたリマサイト(アトーチャ1号機・2号機に隣接)が予定地となる。
なお、電力系統運用者Cammesaの2月データによると、アルゼンチンの電源比率(発電電力量)は火力69%、水力24%、再エネ4%で、原子力は3%であった。
また、発電設備容量では原子力は合計175万kW(全体の5%)であるが、アトーチャ3号機が完成すると、合計で255万kWとなる見通しである。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

<参考>[ロシア]アルゼンチンの原子力平和利用に対する協力を強化(2019年1月10日)

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ