海外電力関連 トピックス情報

[米国] フラマトム社製事故耐性燃料、カルバートクリフスへの供給が決定

2019年6月6日

フラマトム社は2019年5月2日、同社設計の事故耐性燃料(ATF)集合体2体を2021年2月にカルバートクリフス原子力発電所(PWR2基、ともに91万2,000kW)に供給する契約を、エクセロン社と締結したと発表した。
供給予定のATFは、二酸化ウラン(UO2)に酸化クロム(Cr2O3)を添加したペレットと、クロムコーティングを施したジルカロイ被覆管を組み合わせた燃料である。
本契約は、同社にとってATFの商業炉への供給で4件目の契約となる。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

ページトップへ