海外電力関連 トピックス情報

[韓国] 米環境NGO代表、韓国の脱原子力を批判

2019年7月29日

2019年6月18日付の現地有力紙は、米国の環境NGO「エンバイロメンタル・プログレス」代表のマイケル・シュレンバーガー氏にインタビューし、同紙が韓国の文在寅政権の脱原子力政策を批判したことを大きく取り上げた。
同氏は、エネルギー輸入依存度が90%を超える韓国が原子力を放棄することは理解できないとし、再エネにこだわるのは迷信と同じで、文政権の脱原子力政策を「エセ科学に基づくイデオロギー運動である」と厳しく批判したと紹介し、同紙はあわせて脱原子力を批判する社説を掲載した。

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ