海外電力関連 トピックス情報

[ロシア] 初の海上浮体式原子力発電所、運転ライセンスを取得

2019年7月31日

ロシア国営原子力企業ロスアトムの子会社で原子力発電所の運転を担うロスエネルゴアトムは2019年6月27日、同国初の海上浮体式原子力発電所であるアカデミック・ロモノソフ(電気出力3万5,000kW×2)について、ロシア連邦環境・技術・原子力監督局より2029年までの運転許可を付与されたと発表した。
ロスエネルゴアトムによると、同機は同年8月にチュクチ自治管区ペヴェク(北極圏に位置する最東端の自治管区)に移動予定であり、2019年12月に系統接続を予定している。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

ページトップへ