海外電力関連 トピックス情報

[米国] NRCによるニュースケールSMR設計認証審査、6週間早く第4段階へ

2019年8月29日

米国の小型モジュール炉(SMR)設計メーカーであるニュースケール社は、米国原子力規制委員会(NRC)による同社SMRの設計認証申請(DCA)審査の進捗について、予定より6週間早い2019年7月12日に安全審査の第3段階審査を完了し第4段階に入ったと発表した。
NRCのDCA安全審査は全部で6段階ある。
第1段階でNRCスタッフによる予備的安全評価報告書(Pre.SER)の作成、第2段階でNRCスタッフによるSER作成(一部継続審査含む)、第3段階でNRCの原子炉安全諮問委員会(ACRS)によるSER(一部継続審査含む)の審査、第4段階でNRCスタッフによる改訂SER(全項目審査完了)の審査、第5段階でACRSによるによる改訂SER(全項目審査完了)の審査、第6段階でNRC委員による最終SER(全項目審査完了)の承認を以てDCAの審査完了となる。
NRCは2020年9月にDCA審査を完了する予定としている。
ニュースケール社はアイダホ国立研究所(INL)に同SMRを建設し、2026年に系統接続する予定である。

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ