海外電力関連 トピックス情報

[米国] ワイオミング州議会、中間貯蔵施設受入時の経済的メリット検討開始

2019年9月2日

2019年7月23日付の報道によると、ワイオミング州議会が州内に使用済燃料中間貯蔵施設を受け入れた際の経済的メリットの検討を開始した。
理由として、ワイオミング州では2017年会計年度で石炭採掘関連の税収が2億1,000万ドルあったものの、石炭価格の低迷により今後当該税収が大きく減少することが予想されていることが挙げられている。
同州議会上院議員によると15年前に同州が中間貯蔵施設受入を検討した際には、連邦政府から年間約10億ドルが同州に支払われるとの提示を受けたとのことである。
今後同州議会委員会のメンバーがエネルギー省(DOE)と議論し、2019年10月15日までに州議会主要委員会に報告するとされている。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会】

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ