海外電力関連 トピックス情報

[インドネシア] 政府、原子力エネルギー開発に関する覚書を締結

2019年9月13日

インドネシア原子力庁(BATAN)とPT Indonesia Power社(国有電力公社PT PLNの子会社)は2019年8月15日、エネルギー分野の原子力技術利用に関する覚書(MOU)を締結した。
MOUにより、原子力発電や原子力電池に関する実行可能性調査(FS)が実施される。
あわせて、両社の間では人事交流や情報交換などが行われる。
インドネシアでは2027年以降に大型軽水炉の初号機を運転する計画となっており、さらに小型の高温ガス炉(最大10万kW)の建設も計画されている。

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ