海外電力関連 トピックス情報

[世界] UNEP、2050年のネットゼロ排出を進める投資家の連携を開始

2019年11月8日

国連環境計画(UNEP)は2019年9月24日、気候変動対策として新たな取り組みを始めることを発表した。
Net-Zero Asset Owner Allianceと呼ばれるこの取り組みはUNEPの呼びかけで、保険会社のAllianzや米国、欧州の年金運用会社が参加、パリ協定で目標とする気温抑制を1.5℃に抑えることを、投資運用方針とすることになる。
具体的には機関投資家各社の運用先を見直し、2050年の排出量をネットゼロとする目標と整合させ、IPCCで明らかになった科学的知見を反映しながら、定期的(5年ごと)な活動報告を行うこととしている。
気候変動に対応して活動する金融機関の取り組みはClimate Action 100+などがあるが、これらの取り組みとも連携しながら活動することになる。

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ