海外電力関連 トピックス情報

[米国] 米国EIAが2050年までの世界のエネルギー見通しを発表

2019年11月13日

米国エネルギー情報局(EIA)は2019年10月2日、「世界のエネルギー見通し」(International Energy Outlook 2019、IEO2019)を発表した。
2018年には、世界の電力の28%が再生可能エネルギー源から発電され、そのうちの96%が水力、風力、および太陽光利用技術によるものであった。
IEO2019では、再生可能エネルギーは2050年までに世界の発電電力量の49%に増加すると予測している。
上記3つの再エネ電源のうち、EIAは太陽光発電のシェアが急速に増加し、水力発電は最も穏やかに増加するとしている。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ