海外電力関連 トピックス情報

[フィリピン・ロシア] フィリピンとロシア、SMR建設に向けた覚書締結

2019年11月18日

ロシア国営原子力企業ロスアトム社傘下で原子炉輸出を担うロスアトム・オーバーシーズ社とフィリピンのエネルギー省は2019年10月4日、小型モジュール炉(SMR)の分野で協力するための覚書(MOI)を締結した。
同覚書には、フィリピンでSMR技術に基づく原子力発電所建設に向けた事前の実現可能性調査を実施することが含まれる。
また、一部報道では、ロシアがフィリピンに対して、海上浮揚式原子力発電所の建設プロジェクトを提案したと伝えている。
 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会】 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ