海外電力関連 トピックス情報

[カナダ] 国際CCSナレッジセンター、日本CCSと覚書(MOU)を締結

2019年12月3日

2019年10月8日国際CCSナレッジセンター(カナダ、サスカチュワン州レジーナ、以下ナレッジセンター)と日本CCS Co.Ltdは、二酸化炭素排出量を大幅に削減することにより、気候変動に対して影響力のある行動を取るという共通の目的のため、炭素回収の利用と貯蔵(CCS/CCUS)の使用と理解の促進を加速させることで合意し、覚書(MOU)が署名された。
MOUでは、ナレッジセンターと日本CCS Co.は、プロジェクトの実施を通じて取得したCCS/CCUSの情報と知識を、世界中に展開する目的で緊密に協力するとしている。
ナレッジセンターは、BHP(鉄鉱石、原料炭、銅を供給するグローバル資源会社)とSaskPowerによって、世界的にGHGを削減するための大規模CCSの理解と展開を促進することを目的として設立された。 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会】 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ