海外電力関連 トピックス情報

[米国] シンクタンク大西洋評議会、原子力の国家安全保障価値を強調

2019年12月3日

ワシントンD.C.のシンクタンク大西洋評議会(Atlantic Council)は2019年10月14日、国家安全保障に及ぼす原子力の価値に関するレポート「The Value of the US Nuclear Power Complex to US National Security」を公表した。
本レポートでは、国家安全保障に及ぼす原子力の価値を「人的資源」、「サプライチェーン」、「ゼロエミッション電源」の3つに分類し、それぞれに261億ドル、29億ドル、134億ドルの価値(計424億ドル)が少なくともあるとして、その重要性を強調した。
また、安価なガス価格や再生可能エネルギーの拡大により経済的苦境に立たされている原子力発電所に対して、連邦政府が政策的・金銭的支援を行うことを推奨している。 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会】 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ