海外電力関連 トピックス情報

[サウジアラビア] サウジアラムコのIPOが世界最大規模となる見込み

2019年12月19日

2019年11月10日付の報道によると、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは11月9日、同国国内のタダウル(Tadawul)証券取引所で開催される新規株式公開(IPO)計画の詳細を説明する目論見書を公表した。
同目論見書によると最終的な売り出し価格は2019年12月5日に決定される予定で、同国のムハンマド皇太子はこれまで同社の企業価値は2兆ドル(約220兆円)を超えるとしてきたが、世界的な原油価格の低迷などから、市場は同社の企業価値を1兆2,000億~1兆7,000億ドルと評価している。
今回のIPOにより、1%前後の株式が市場に提供されると予想されており、250億ドルを調達した中国のアリババグループを超える世界最大のIPO案件となる可能性がある。 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ