海外電力関連 トピックス情報

[米国] Ørsted社、テキサス州にて蓄電池を併設した太陽光発電所の建設を開始

2019年12月24日

デンマークの大手再エネ事業者Ørsted社は2019年11月13日、テキサス州西部のアンドリュース郡で、蓄電池を併設した太陽光発電所の建設開始を発表した。
この発電所はペルミアンエネルギーセンターと名付けられ、3,560エーカー(約14.4km2)の広大な土地に建設される。
太陽光発電の容量は42万kW、蓄電池は4万kW/4万kWhであり、2021年末に運用開始となる予定である。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ