海外電力関連 トピックス情報

[中国・カンボジア] 重電大手東方電気、カンボジア最大の火力発電所の発電設備を受注

2020年3月26日

2020年2月22日付の地方紙によると、重電大手の東方電気集団傘下の東方電機と東方気輪機(蒸気タービン)の2社は、カンボジアのシアヌークビル火力発電所から発電機と大型蒸気タービンを受注したと発表した。
同発電所はカンボジア最大の火力発電所であり、35万kWの超臨界圧火力発電設備2基に加え、付属施設として8,000t級の石炭専用陸揚げターミナルと2,000t級の大型重機専用ターミナルを併設するという案件である。
同発電所の投資総額は12億9,000万ドル、年間発電量は46億kWhと見込まれており、2022年に稼働する予定である。

 【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ