海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ] E.ON、VolkswagenとEV用超急速充電設備を共同開発

2020年3月26日

エネルギー大手E.ONは2020年2月11日、自動車大手Volkswagenと共同でEV用超急速充電設備を開発したと発表した。
同設備は最大出力150kWで同時に2台のEVを充電可能であり、走行距離約200kmに相当する電力を15分で充電できる。
同設備には一般需要用の電源コンセントから継続的に充電されるバッテリー(容量193.5kWh)が内蔵されており、電力系統への大規模な接続工事が不要であるため、設置場所に関する制約が少ない点が特徴とされている。
今後、同設備は2020年後半に高速道路上の6つのガソリンスタンドで試験的に導入された後、「E.ON Drive Booster」という名称でドイツ国内において市場投入される予定。

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ