海外電力関連 トピックス情報

[フランス] フラマンビル3号機の温態機能試験が完了

2020年3月26日

フランス電力大手EDFは2020年2月17日、建設中のフラマンビル原子力発電所3号機(EPR、163万kW)の温態機能試験が完了したと発表した。
同試験は2019年9月に始まり、設計基準に照らし合わせた1万項目を超える試験が実施され、良好な結果が得られたとしている。
なお、今後同号機は、配管溶接問題を受け、一部配管の再溶接を行う予定であり、2022年末の燃料装荷を予定している。

 【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ