海外電力関連 トピックス情報

[米国] 米国の発電電力量で再生可能エネルギーが石炭火力を40日間連続で上回る

2020年5月21日

米国のエネルギー経済財政研究所(IEEFA)は2020年5月4日、米国エネルギー情報局(EIA)の速報値(Hourly Electric Grid Monitor)を分析した結果、米国の発電電力量で、再エネ(太陽光、風力、水力)が石炭火力を2020年3月25日~5月3日までの間、40日間連続で上回ったと発表した。
IEEFAによると、2019年に発電電力量で再エネが石炭を上回った年間日数は38日で、4月が年間最多の19日、過去最大の連続日数は9日間であったとし、新型コロナの影響により電力需要の減少傾向が続く場合、2020年は初めて、年間を通じた発電電力量で再エネが石炭火力を上回る可能性があると予測している。 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会】 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ