海外電力関連 トピックス情報

[米国] X-energy社、原子燃料工業から日本のHTTR向け燃料製造設備を購入

2020年7月28日

2020年6月30日付の報道によると、先進型原子炉の一つである高温ガス炉Xe-100およびその燃料となるTRISO(3重被覆)粒子を含有した球状燃料(TRISO燃料)の開発を進めているX-energyは、原子燃料工業(NFI)から日本の高温工学試験研究炉(HTTR、高温ガス炉)向けの環状ペレット製造のための小型プレス装置を購入したことを発表した。
X-energyとNFIは2019年4月にTRISO燃料製造工場(TRISO-X)建設に必要な機器の供給協力について覚書を交わしており、HTTR 向け燃料製造設備もそれに含まれていた。
TRISO-Xはオークリッジ国立研究所内で建設が計画されている。
X-energyはNFIとの協力により、HTTR向け燃料の独占的な供給取引先となることができるとしている。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ