海外電力関連 トピックス情報

[中国] 上海市中心商業地区で2020年度初のデマンドレスポンス実施

2020年9月11日

地元紙は2020年8月27日、大手国有送配電事業者である国家電網有限公司傘下の上海市電力公司が8月21日13時頃、浦東新区の中心商業地区(CBD)で2020年度初となるデマンドレスポンス(DR)を実施したと報じた。
それよると、今回のDRでは、スマートエネルギー管理システム(EMS)によって商業施設に併設された駐車場の照明の一部を間引いたほか、空調システムの微調整が自動的に行われたことで、約1時間で304口の需要家などから合計21万8,700kWが集められた。
なお、国家電網はDRの運用をさらに拡大する2カ年計画を示しており、市場化も視野に入れている。 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ