海外電力関連 トピックス情報

[米国] NRC、ニュースケール社SMRの設計認証審査を完了

2020年9月16日

米国原子力規制委員会(NRC)は2020年8月28日、ニュースケール社製小型モジュール炉(SMR)の標準設計認証(DC)審査を完了したと発表した。
DC審査に関し、最終の第6フェーズを終え最終安全評価書(FSER)を発行したもので、SMRのDCでは最初となる。
ニュースケール社は2016年、単機電気出力5万kW、12基合計60万kWのSMRに関するDCを申請し、今回42カ月の当初計画通り審査が完了した。
なお、ニュースケール社は単機電気出力6万kWのSMRに関する標準設計承認の申請を2022年に予定している。
建設運転一括許認可(COL)を申請する事業者は、ニュースケールSMR等のDCを取得した原子炉型を採用することで、COL審査の大幅な合理化が期待される。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ