安全を守る技術的なしくみ

「人間はミスを犯す」「機械は故障する」。これらを前提としながら、なおかつ安全を保っていくにために、原子力発電はさまざまな技術的な備え(安全設計)をしています。

深層防護

原子力発電所の安全確保の考え方は「深層防護」を基本としています。「深層防護」とは、文字どおり何重にも安全対策がなされていることを意味します。
深層防護

自己制御性

日本の原子炉は、あらかじめ自己制御性をもつように設計されています。自己制御性とは、核分裂の数が増加した場合でも操作などを行うことなしに、核分裂の数を減少させるように働く性質のことです。
自己制御性

関連リンク

  • エネルギー基本計画
  • 会長会見
  • 未来をちょっと考えてみた。
  • 地層処分FAQ
  • エネログ
  • エネルギーから、明日をおもう。
  • エネルギーをもっと身近に
  • 特設コンテンツ一覧
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】魚食振興について
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ