実績と研究開発

海外で実績のある乾式貯蔵について日本でも研究開発を行っています。

使用済燃料乾式貯蔵の海外実績

アメリカ、スイス、ベルギーなどでも、使用済燃料の乾式貯蔵が行われています。

使用済燃料乾式貯蔵対策の研究開発

【コンクリートキャスクの実用化】や【高燃焼度燃料の貯蔵】の研究

国内では金属キャスクが実用化されていますが、アメリカでは金属キャスクだけでなくコンクリートキャスクを使用した貯蔵施設の実績も多くあります。使用済燃料貯蔵対策の選択肢を広げるうえでもコンクリートキャスクの実用化は有効な手段です。このため、現在、電力中央研究所などで研究開発を進めています。
また、従来よりも高燃焼度の使用済燃料についても、将来の貯蔵に向けた検討が必要になってきます。このため、貯蔵における健全性評価の手法検討など、技術的課題の解決に向けて取り組んでいます。

  • 2050カーボンニュートラル実現へ
  • SNSフォトコンテスト
  • エネルギーアカデミー
  • 地域共生への取り組み
  • エネルギーをもっと身近に
  • ひらめき!ピカールくん
  • エネメッセージ
  • エネログ
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ