5. 電源開発状況

再エネが大幅に拡大、石炭火力も新設へ

インドの電源は石炭火力を中心に開発が進められてきた。2018年3月末現在の総発電設備容量は3億4,400万kWで、石炭が57%を占め、他は再エネ20%、水力13%、ガス火力7%、原子力2%であった。

中央電力庁(CEA)の国家電力計画によると、電力需要の年平均伸び率を6.1%とする場合の2021年度の電力需要を1兆5,660億kWh、最大電力を2億2,575万kWと想定している。2017-2021年度中に1億7,614万kWを新設する計画があり、内訳は、再エネが1億1,776万kWと大きな比重を占める。 石炭火力は、環境規制を遵守できない老朽設備の廃止が進むことから、4785.5万kWが新設されることになっている。
  • エネログ
  • ひらめき!ピカールくん
  • エネルギーをもっと身近に
  • わかりやすいエネルギーの授業
  • なるほど!日本のエネルギー
  • この国が考えるべき問題です
  • 原子力発電のごみって?
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ