海外電力関連 トピックス情報

[米国・英国]NuScale社の小型炉SMRではMOX燃料も使用可能

2016年2月16日

2016年1月21日付の報道によると、NuScale社が開発中の小型モジュール型原子炉(SMR)で通常の軽水炉用原子燃料のほかMOX燃料についても使用可能であることが英国の国立研究所の研究で確認された。
研究ではMOX燃料を一部もしくは全量使う場合のいずれの場合においても原子炉の設計や運転には最小限の影響しか与えないことを確認した。
電気出力5万kWの同社のSMRを12基連結したプラントでフルMOX燃料での運転を行えば40年間でCO2を排出せずに2,000億kWhの電力を発電しつつ100tのプルトニウムを消費できるとしている。
NuScale社は昨年10月に英国とSMR開発を行い2020年代中頃までに運開することを目指すことを発表している。

ページトップへ